時間はあるけど金が無い

時間だけはあるので副業ネタなど。実践&紹介します。

【書評】はじめての人のための3000円投資生活 (著横山光昭)

f:id:nontan26:20170529062153p:plain

ふらふらっと本屋に赴いたときにタイトルに惹かれ手に取ったこの本

著者の横山氏の書籍は「年収200万円からの貯金生活宣言」を読んだことがあり良い印象があったからでしょうか。

 

基本内容

 

・証券口座を開き、毎月バランス型の投資信託を無理のない金額分(3000円)買う。

・ローリスク・ローリターンであくまで投資入門のため、初心者・面倒くさがりな人・忙しい人・恐怖心がある人こそ向いている。

・節約のうえ貯金+3000円投資を行い、家計を強めていく。

・慣れてきたら金額を増やすとともにインデックスファンドを保有する。

・銀行おすすめの商品は買ってはいけない(他投機について)。

 

 

 

  • 証券口座を開き、毎月バランス型の投資信託を無理のない金額分(3000円)買う。

この書籍の伝えたいことはここに尽きるのかと思います。

著者曰く、3000円投資を実施した場合、利回り約3%で30年続けた場合利益は約66万円になるそうです。(実際の例)

もとの投資額が108万円なのであわせて174万となります。

ね、銀行預金に預けるよりも簡単に投資して資産形成しよう!といった内容になってます。

証券口座はどこで開くのか、開設方法、口座の設定(NISA)等も詳しく解説されていました。

購入するおすすめの銘柄もかいてあるのでそのまま買ってみてはとのことです。

 

  • ローリスク・ローリターンであくまで投資入門のため、初心者・面倒くさがりな人・忙しい人・恐怖心がある人こそ向いている。   

投資といえば、知識が必要、手間がかかる等のイメージがあるが、著者がすすめる方法(毎月3000円分投資信託を買う)だと長期的なスパンで考えているため、株価やチャートなどを見る必要はないというもの。

逆に気にしない方が精神衛生上良いため、放って置くことができる人のほうが向いているとのこと。

 

  • 節約のうえ貯金+3000円投資を行い、家計を強めていく。

毎月の収支を適正化し、貯金と投資をハイブリッドで行うことで、ただ漠然と貯金をするよりも将来的に貯まる金額に差が出る、かつ家計を整えることでマネーリテラシーも養うことができる。

月々の収入の中で、支出を抑えることができる人間が資産をしっかり形成することができる。

節約の基本は消費・浪費・投資を意識すること、投資だけするのではなく、家計を整えることが重要。

 

  • 慣れてきたら金額を増やすとともにインデックスファンドを保有する。

3000円投資はあくまでも、きっかけにすぎないので慣れてきたら金額を増やしたり、さらに手数料が安いインデックスファンドに投資すると良い。

インデックスファンドを選ぶ際は手数料、信託報酬の低いものを意識する。

複数のインデックスファンドを組み合わせて持つことが重要(国内外株式、国内外債券)

 

銀行に行くと金融マンから営業をかけられるが、手数料や信託報酬が高かったり銀行が有利なモノを勧めてくるので乗ってはいけない。

利回りが一見よく見えるが、ハイリスク・ハイリターン(アクティブファンド)であったりする場合がほとんど。

分配型の投資信託は元本割れの危険性もあり良いことはない。

FX・不動産投資・外貨預金は成功率が低かったり、手数料などが高かったりハイリスク・ハイリターン。

 

 

感想

正直なところ、投資初心者向け内容です。

まだ社会人になって投資なんてなにもしらないよって方や興味あるけどまだ何もしてないよって方はぜひ読んだほうがいいです。

わたしもそのような人間でしたが、「へー、そうなんだ!」と思うことがありました。

 

私は読んでよかったです。

 

ですが、多少なりとも投資についてググったり、もうやってる人だったり、他の書籍を読んだことがあれば買う必要はないかと思います。

アマゾンレビューも白黒はっきり別れているのですが、だいたい上記のような感じです。笑

あくまでもこの本の通りまずはやってみなよというところなんでしょう。

ですから、口座開設→この投資信託を買いましょうまで導入部分がわかりやすく書いてあるんですよね。(ちなみに推奨信託商品はSBI証券でも人気上位の商品でした。)

他の投資(投機)について(不動産投資・FX・外貨預金等)の危険性なども乗っているので基本的なマネーリテラシーを養うこともできますよ。

せっかくなので私もこの方法で投資生活を初めて見たいと思います。

※実際に買ってみました。